♪ご訪問ありがとうございます♪ワンクリックの応援よろしくおねがいします(・∀・)
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ

住宅ローン審査を侮るな!マイホーム購入に向けて20代からやっておきたい4つの事☆

みなさんこんばんは。umetsuです。
先週放送されたM1グランプリ、皆さんは見られました?

実は我が家はまだ見ていません!
というのも、先日Amazonプライムでまとめて前年〜数年前のM1をみて大爆笑!!今更ですが、トレンディエンジェル(さいとうさん)の虜になってしまいました─=≡Σ((( つ╹ω╹)つ♡

今年のM1はゆっくり時間があるときに楽しもうと思ってます。
‥でも優勝者は聞いてしまった…!ふっ!いいんです( ̄ー ̄)(強がり)

将来家を建てたい!と思っている方へ是非読んで頂きたい記事

社会にでてから家を建てようと意識して、仕事人生を送っている方はどれ位いるものでしょうか。
私は社会に出てから、「家を建てる」とは1mmも思っていませんでした(´・д・`=´・д・`)

年齢を重ね、同世代の友達がマンションを購入したり、
幼馴染が家を建ててシアワセそうにしていたり・・・

そんな姿を見て、自分の家っていいなぁと思った事が第1歩でした(^^)

住宅ローンで重視されること

住宅ローンに通る為には、国土交通省の調査資料には、このような事が重視されると記載されています。

★融資を行う際に考慮する項目 国土交通省調べ(平成27年3月発表)

  • 完全返済時年齢
  • 健康状態
  • 担保評価
  • 借り入れ時年齢
  • 勤続年数
  • 年収
  • 連帯保証
  • カードローン等他の債務の状況や返済履歴
  • 雇用形態

マイホーム購入に向けて、20代からやっておきたい4つの事

今だからこそ、色んな経験をしたから今の考え方がある!と前向きに考えてますが、
出来ることならば、10年前にタイムリープして私に教えてあげたい!

①無理ない程度の貯金をしておく
②正社員として最低でも1年は会社に努める。基準は3年。
③ローンやクレジットカードでの支払いはきちんと支払う(延滞をしない)
④消費者金融に借り入れをしない(してる方は支払いを済ます)

1項目づつ経験を元に補足していきます。

①無理ない程度の貯金をしておく

「少しでもいいから毎月貯金をしておくのよ」
初めて会社で働き出した時、親から口をすっぱく言われていました(・・;

…頭の中では、分かっていました。
貯金しなきゃって。

でも、20代の時って・・・自由に使えるお金が増えると、
「がんばったから、自分にご褒美♡」
「新しいお店できたからみんなでご飯いこう〜〜」
という感じで、しまいには、
「明日死ぬかもしれないし、後悔したくない!!」
なんて、カッコイイ事を言い訳にしていて。

↑これを言っちゃったら貯金なんて必要ないですもんね笑

きっと20代の時から、賢い生き方が出来る方なら、
貯金分、交遊費、旅行積立費…などうまくやりくりして過ごしているのでしょう。

思い出や経験はお金に変えられない素晴らしいものですが、私みたいに全部使う事ないと思います(泣)
ある程度まとまったお金があるという事は精神面の「安心感」につながりますので。
※貯金を資産運用するという方法もありますよね!

20代の経験から、ある程度は・・・・貯金をするようになりました。(実行するの遅かった^^;)

②出来る限り長く会社に努めておく

住宅ローンの審査では、勤務年数も厳しく見られます。
将来家を建てたいなと思っている方は、大きな問題がない限り、長く努めていたほうが断然有利です。

入社して7ヶ月未満というだけで審査は通らないと聞きますね。
3年あれば、9割の住宅ローンは通ると言われているようです。

私はカレコレ8年間人材業界で働いています。
年々離職者の数は増えており、最新の新卒の離職率は3年で31%、10名入社したら3年後には3-4人は辞めていく事が事実です。

退職理由が人間関係の場合、一概には言えませんが、どこの会社にいっても同じ事がおきる確率が高いです。
会社や上司に求める前に、まずは自分の考え方や行動(相手への関わり方)を変えたら、いい方向に向かう事もあるので、会社辞めたいと思ってる方は、深呼吸して思いとどまってもいいかもしれません。

残業時間問題、パワハラ・セクハラ問題など、命の危険がある場合は、退職したほうがいいと思います。
その他、年収を上げたい、違う職種に挑戦してみたい、等というキャリアアップ目的の転職は大賛成ですが、家を建てるかもしれない年齢を逆算しての転職をオススメします。

③ローンはきちんと支払う(延滞をしない)

過去友人の勧めで、「エステ器具」を買って、ズボラのあまり支払いを忘れてしまったことがあります。
そうです。「異動」マークがしっかり入っていました。

異動マークが入る=個人信用問題に傷がつく(ブラックリスト入り)という事です。
何ができないかというと、
クレジットカードが作れないことはもちろん、住宅ローンも大手銀行は一発アウトです

★自分の信用問題は、こちらの機関から確認できます。

それでも、有り難い事に住宅ローン審査に通りました。
なんで通ったのかを夫婦で考えてみると、こんな感じです。

大手銀行ではなく地方銀行にお願いした
会社に5年以上努めていた
年収はある程度しっかりしていた

会社に長く努めていてよかった!!と、心底思いました。

④消費者金融に借り入れをしない(してる方は支払いを済ます)

CMで流れるような「アイフル、アコム、プロミス、レイク、バンクイック、モビット」など。
「ご利用は計画的に〜〜〜♬」ってCMでおなじみ!
私はこれに関しては、特に問題もなかったんですが、一番身近にありえる事なので、気をつけたいですね。

一般的に都市銀行は、消費者金融からの借入れ、とくにキャッシングがあるだけで住宅ローンの事前審査に落ちます。地方銀行には、消費者金融からの借入れをしていること自体は、特に問題にしない銀行もあるそうです。

ただ、実際に現在借入れをしていなくても、キャッシングの枠の金額(50万円とか70万円とか)を返済負担率に計算する場合があるので注意です。キャッシング枠のあるカードを保有していることを銀行へ事前に申告しておくか、事前審査前に解約しておくことで対応してください。

まとめ

今回はちょっと真面目な記事でしたがいかがでしたでしょうか。
こういうお金の問題って、学校では教えてもらえないし自分で学ぶしかないんですよね。

一条工務店のイベントで「ライフプラン」があります。
普段聞けないようなお金の相談ができるので、オススメです!

自分の人生は仕事みたいに、上司から指示されるわけではない。
夫婦や家族で、幸せは作り上げていくもの。
人生は失敗の連続!失敗から学んで明日からの人生に活かしていきたいです(^^)
(↑自分に言い聞かせてます(・∀・))

最後までお読みいただきありがとうございました。

ぜひ☆画像をクリック!→ブロクを書くパワーに繋がります♡

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください