♪ご訪問ありがとうございます♪ワンクリックの応援よろしくおねがいします(・∀・) にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村

一条工務店・ブリアール 大満足!キッチンで採用したオプション②

料理していると床に水が飛び跳ねたり、ゴミが落ちたり知らぬ間に汚れているキッチン。
そんな悩みを解決してくれるもの。それがクッションフロアです☆

床について

リビングはフローリング、キッチンはクッションフロアで繋ぎ目はこんな感じです。

ちょうどダイニングとキッチンで雰囲気を分けているので、あまり違和感は感じません。

設計段階で、下に床暖房を敷いている上の床材を分けるときは、床暖房 を傷つけることがあるかもしれないというリスクを説明してもらいました。(過去実例があったらしい)そういったリスクがあるという事を納得の上であれば…という事でしたが、我が家の場合は無事に傷つけることなくキレイに設置していただけました。

キッチンはスグに汚れるもの

料理するとスグにゴミが落ちたり水が飛んだりしますよね。
キッチンの横のランドリールームにお掃除道具を置いているので、
無印良品の木製ポールに使い捨てのウェットシートを付けてゴシゴシ拭いています。

また、キッチン裏の収納場にハンディ掃除機を置いてスグに使えるようにしています。
(あっ、ここも収納するものがない笑)

我が家の掃除機はこちら。
マキタと悩んだ結果…こちらを今使っています。

サイズ感、重さ、吸引力、バッテリーの持ち(最長57分)
あとは、可愛さ♡…悪くないですよ。

キッチンマットを使わない暮らしに慣れた話

主人と暮らす前はキッチンマットを敷くことが当たり前でした。

キッチンマットってスグに汚れますよね〜。
その都度、ゴミを掃除機で吸って、洗濯して…手入れがめんどくさいなぁと感じていたところ、ある日突然キッチンマットがなくなっていた。そう、犯人は主人。相談もなしに捨てていました(笑)

(同時期に消えていたもの、トイレの便座カバー、トイレマット、玄関マットなど)

油モノはいうほどしないので、油ハネの問題はないので、水汚れはウェットシートでさっと吹けばスグにキレイになります。ゴミは掃除機でさっと吸えばいいので、何の問題もありません。今では「汚れたらスグに拭く」という習慣が身につき、キッチンマットの必要性を感じなくなりました。

クッション性が高い

フローリングにずっと立っていたら足の裏がいたくなりました。
クッションフロアの場合、柔らかいので長い時間立ったまま作業しても、足の裏への負担は少ないですね^^

また、食器を落としても割れにくかったり、
お子様がおもちゃを落としても傷が付きにくいのではなかろうかと思います。
「イラスト屋 食器」の画像検索結果

 

まとめ

クッションフロアのメリットを考えてみました☆

  • 汚れてもスグに拭ける。掃除が楽ちん!
  • 滑りにくい
  • 物を落としても傷つきにくい(食器が割れにくい)
  • デザインが豊富(好みのものが見つかるかも!)
補足
サンゲツから選ぼうとしましたが、床暖房に対応していない理由で選べませんでした。
一条工務店の標準品もしくは東リの床暖房対応製品であればOKです。

ちなみに、ランドリールーム・脱衣室・トイレと水回りはすべてクッションフロアにしました。
どこのお部屋も大満足です\(^o^)/

それでは、今日はおしまい!

最後までお読みいただきありがとうございました。

ぜひ☆画像をクリック!→ブロクを書くパワーに繋がります♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください