♪ご訪問ありがとうございます♪ワンクリックの応援よろしくおねがいします(・∀・) にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村

2017年ブリアールで採用したOP① 特殊施工ドア・造作洗面台・ニッチ・スパイスラック・窓のこと

みなさん、こんばんわ。umetsuです。

一段と寒くなってきました。

最近は生姜ブームです。なんにでも生姜をたっぷりいれて、ポカポカになってます。

みなさんはお気軽にumetsuさんとお呼びください^^

 

今日は我が家が依頼した特殊施工についてまとめてみようと思います。

 

一条ルールはブリアールも若干あります。

i-smartと工法が違う為、ブリアールは間取りは自由がききますが若干一条ルールはあります。

間取りの広さで、窓の数が決まっていたり…ですかね。

とはいえオプションとして追加金額を支払えば、希望に沿ったものをつけれます。

 

一番の悩みは、納期が遅いこと??…(・.・;)

我が家も完成は2018年夏予定で…まだ先ですしね😂w

特殊施工をご紹介します

いくつか特殊設計をお願いしました。

出来ること、出来ないことありましたが…設計士さんにお付き合い頂き大感謝です。

ドアの変更をしたい

ブリアールの建具はブラックウォールナットとライトの2種類しか色の選択肢がありません。

i-smartは色々あってうらやましいな〜、そんな事をいつも思いながら…笑

ドアの変更は、一条工務店と取引があるメーカーさんであれば、割引価格で依頼できます。

標準を外しても差額はありません。

 

▼我が家はリクシルのパレットとヴィンティアから選びました。

 

 

★金額は、リビングの窓付きドアの価格:1枚 5万5000円、
 引き戸で窓なしは:3枚 11万1000円でした。

デザインや鍵付き鍵なしなど、選んだ種類で価格は異なるので、
正式な金額は担当営業さんに依頼して、見積書からご確認ください◎

造作洗面台を設置したい

とくに希望がない場合は、標準の洗面台です。

ブリアールもi-smartと同じ形ですが、色は選んだ建具の色になります。

こちら、機能性能バツグンで評価も高いですよね^^!

一条工務店 公式サイトより

 

…とはいえ、違うものを置きたい方もいるのでは?!

そんな方は、標準品以外を差額で入れる事ができます。

 

我が家は玄関ホールに依頼しました!

手順はこんな感じです。

  1. 設計士さんに相談
  2. イメージを伝える
  3. 使用したいタイル・洗面ボウル・蛇口を選ぶ
  4. 見積書依頼
  5. 設計書を書いてくる
  6. OK後、着手

タイルは、toolboxの水彩タイルを依頼しました。

洗面ボウルと蛇口は設計士さんのオススメで、カクダイから選びました。

 

▼図面です。大工さん用らしいので、私がみてもサッパリです笑

 

★金額は施工代と材料費込:合計18万2000円でした。

選んだものにより価格はかわりますので、目安程度でご参考になれば^^

 

室内窓・ステンドグラスを付けたい

可能です。
私はステンドグラスと窓と迷いましたが…結果、FIX窓に決めました。

持ち込みになりますが、施行してくれます。

★施工金額は1万1000円でした。

 

▼こちら我が家が注文した室内窓です。

 

ニッチをつけたい

可能です。
大きさで異なると思いますが、我が家は玄関と造作洗面台の横壁に依頼しました。
形も自由にお願いする事ができます。

★金額は2ヶ所で5万3600円でした。

R垂れ壁

かわいいですよね~。憧れのR垂れ壁です(*^^*)♡

ブリアールで建てる方はほぼ付けている印象です…!

 

外構のRタレ壁は、決まった角度になるようですが(以下図)

室内に依頼する時は、角度は自由に依頼できるようです。

我が家の設置場所は2ヶ所で、

▼玄関ホール


気持ち深めの角度にしてもらいました^^

▼リビング内

★1箇所2万2000円でした。

キッチンの背面にタイルを貼りたい

タイル風シートでもいいかなぁと迷いましたが…

せっかくだから!と思い、

一目惚れしたLIXILのスモーキータイルを付けてもらう事に。

LIXIL スモーキータイル 公式ホームページより

 

★金額は、このスペースで2万5000円でした。

出来上がりが楽しみです!

キッチンカウンター内のスパイスラックを付けたい

キッズカウンターキッチンにあるスパイスラックです。

セゾンで家を建てた友達が、めっちゃ便利!って教えてくれまして。

 

夫婦共働きなので、キッチン上を毎日キレイにお掃除をする自信がなく…

(言い訳ですね!ごめんなさい💧)

是非とも付けて頂きました!

★施工代は2万円でした。

まとめ

 

この記事は2017年11月に書きました。

金額やルールは今後変わっていく事もあるかと思います。

特殊施行に関しては、まずは営業さんと設計士さんに相談する事が一番だと思います。

 

 

実際に家が建った後にもご紹介できればうれしいです^^

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ぜひ☆画像をクリック!→ブロクを書くパワーに繋がります♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください